そばかすの原因とは




そばかすに悩む女性は意外と多いもの。


そばかすとは小さな斑点が鼻を中心に左右対称に散らばるように現れる

茶色の色素斑です。

顔以外にも手や腕、肩、胸、背中など紫外線のよく当たる部分にできることがあります。

紫外線が強くなる春から夏にかけて色が濃くなり秋冬に薄くなる傾向があります。


幼少期から発生してだんだん数が増えて色も濃くなり10代の思春期にピークを迎えます。

こうした先天的なそばかすは大人になるにつれて薄くなったり消えたりするのが

一般的です。


一方 大人になってからできる後天的なそばかすは年齢を重ねるごとに目立ちやすくなり

自然に消えるケースは少ないとされています。


そばかすの原因

・ 遺伝

  幼少期から発生するそばかすは遺伝的要素が大きいと言われています。

  シミやそばかすの元となるメラニンには黒色のユーメラニンと

  黄色や赤色のフェオメラニンの2種類あり肌の色や髪色はこの比率で決まるのです。

  フェオメラニンの含有量が多い人は色が白くそばかすが出来やすい体質になります。

  白色人種にそばかすが多いのはフェオメラニンの比率が高いからです。


  日本人はユーメラニンの含有量が多い人がほとんどですが中には

  フェオメラニン比率が高い人もいます。その体質が親から子へと受け継がれて

  そばかすが出来やすくなると考えられています。



・ 紫外線

  一般的なシミができる原因として知られている紫外線ですがそばかを助長する

  一因もなっています。

  そばかすが出来やすい体質の人が紫外線を浴びるとそのダメージから肌を守るために

  メラノサイトが活性化してメラニン色素が過剰に作られています。

  その結果そばかすが出来てしまうのです。

  後天的なそばかすは紫外線が主な原因と言われています。また遺伝的な要因で発生した

  そばかすが紫外線を浴びることで数が増えたり色が濃くなったりすることも

  あるので注意が必要です。



シミとは何がちがうの?

 一般的なシミは老人性色素斑とも呼ばれています。

 その名の通り、加齢によって発症し紫外線によって悪化する色素斑です。

 40代、50代で多く発生します。


 そばかすはとても小さく5ミリ以下の斑点が左右対称に無数に出現します。

 それに比べてシミは5ミリ以上と大きくそばかすに比べて数が少ないのが特徴です。

 色は濃く周りの皮膚との境界線もはっきりしています。


 妊娠中や産後に色素沈着が生じた場合肝斑(かんぱん)かもしれません。

 肝斑はシミの一種で女性ホルモンのバランスが影響で発症しもやもやとした

 薄茶色のシミが左右対称に広がるのが特徴です。

 妊娠中や産後に色素沈着が生じた場合肝斑(かんぱん)かもしれません。

 自分ではそばかすと思っていたものが他のタイプのシミであるケースがたまに

 あるのでそばかすかどうかを見極めて効果的な対策を取りましょう。



そばかすの対処法

 

・ 紫外線対策を十分に行う

  そばかすは紫外線によって悪化するケースが多いため紫外線から肌を

  守ることが最大の防御となります。

  紫外線は季節や天候を問わず1年中降り注いでいるので365日ずっと日焼け止めを塗って

  しっかりとUV対策を行いましょう。外出する際はUVカット効果のある上着や帽子

  日傘などを併用してください。

  

  日焼け止めは塗っていても時間が経つと汗や皮脂などで落ちてしまいます。紫外線を

  防ぐ効果を持続するためには2~3時間おきに塗りなおすのがオススメです。



・ ターンオーバーを促す

  ターンオーバーが正常に行われている肌では黒色メラニンは古い角質とともに

  排出されます。ところが加齢などによってターンオーバーのリズムが崩れてしまうと

  色素が沈着してシミやそばかすとなる原因となるのです。


  そばかすを防ぐためにはターンオーバーを促進してメラニンの排出を促し

  新しい細胞の生まれ変わりをサポートすることが大切です。



・ 食事やサプリで内側からケア

  そばかすを目立ちにくくするには化粧品による外からのスキンケアだけではなく

  毎日の食事で内側からケアすることが大切です。

  効果がある栄養素としてL-システイン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが

  挙げられます。これらを多く含む食事を積極的に取りましょう。

 L-システイン 

  ターンオーバーを促す働きに加えてメラニン色素の生成を抑える働きがあり

  大豆や小麦などに多く含まれています。

 ビタミンA 

  メラニン色素の生成を促進する活性酸素の発生を抑える作用があります。

  かぼちゃ、ほうれん草、にんじんなどの野菜に含まれています。

 ビタミンC 

  メラニンの生成を抑制するとともに濃くなったメラニンを還元して無色化する

  働きがあります。レモンやイチゴなどに含まれています。

 ビタミンE 

  活性酸素を抑制するとともにビタミンCの働きを助ける効果があります。

  ナッツ類やアボカドなどに含まれています。


 


 遺伝的な要素が強いと言われるそばかすですが紫外線対策をしっかりと行うなど

 日頃のケア次第で目立たなくすることが可能です。

 

 ただしセルフケアだけでは効果がでるため時間がかかるため

 早く治したい方は即効性が期待できるレーザー治療を受けてみてもいいかもしれません。


 日々のケアから気を付けていきましょう♡

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示