ニキビ肌対策






ニキビが悪化したときに見直したいポイント


・ 食生活

   栄養が不足して肌にまで栄養が回っていなかったり油分や糖分を摂取しすぎて

   肌に悪影響を及ぼしていたりと

   食生活は肌の状態にダイレクトに影響します。

   とは言っても、食生活を一気に改善するのはとても難しくまずは

   ここで紹介する肌にいい食材を積極的に取り入れNG食材を避けるのを

   意識するところから始めてください。


  ニキビ肌改善!肌にいい栄養素

   ニキビ肌の改善が期待できる代表的な栄養素は

   ビタミンB タンパク質 ビタミンK です。

   おすすめの食材は納豆豆苗!!!

   納豆は手軽にビタミンB2とタンパク質の両方が採れる上に腸内環境まで改善してくれ

   豆苗はビタミンKが豊富。セットで採るといいでしょう。

   (肌にいい食材は調理方法に要注意)

   ビタミンは水溶性ビタミン(ビタミンB群、ビタミンCなど)

   脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンEなど)に分けられます。

   水溶性ビタミンは水に溶けやすく熱にも弱いため水洗いは手早く行い

   生のまま、もしくは蒸して食べましょう。

   脂溶性ビタミンは油に溶けやすく水洗いしてもほとんど失われません。

   熱に比較的強く、油と一緒に採ることで吸収率もアップするため

   炒め物に適しています。


  採りすぎた油分はそのまま皮脂となり

  糖分の過剰摂取は肌代謝を悪化させます。

  日頃からの食事を見直し少しでも改善できるように心がけましょう!




・ 日々のスキンケア

   ひどいニキビ肌になるには何らかの肌ダメージが蓄積しているはずです。つまり

   日常的に無意識に肌ダメージを与えている可能性があります。

  

  肌の水分量が低下するとニキビ肌に

   肌の水分量が低い肌が乾燥している。肌が乾燥すると肌を保護するために

   普段より多く皮脂が分泌されるようになります。また肌のターンオーバーも

   鈍くなってしまう傾向が。肌の表面に古い角質が滞って毛穴を塞いでしまうため

   単なる皮脂の過剰分泌よりもニキビができやすくなってしまうのです。

   改善するためには週1回のスペシャルケアより毎日の保湿を丁寧に!!

   朝晩化粧水だけで終わらせず水分が蒸発しないように乳液やオイルなどを

   使ってフタをしてください。

   また、摩擦レスな洗顔&クレンジングも重要でたっぷりの泡ですすぎ残しの

   無いように隅々まで洗い流しを。


 ・ マスク

    コロナをきっかけに新しい生活様式に切り替わりマスクが手放せなくなりました。

    これがニキビの悪化の原因となるパターンが増えています。 

    マスクが原因で発生するニキビは「マスクネ」と呼ばれており

    そういった特別な単語ができるほどマスクはニキビの原因になりやすいのです。


   柔らかい素材を選ぶ

    マスクネの発生の原因としてマスクが肌を擦ることで角質層を落としてしまう事が

    まずひとつ挙げられます。

    角質層が薄くなる肌のバリア機能が低下するということでニキビなどの

    ニキビなどの炎症が発生しやすい状態になってしまうのです。

    最も感染予防効果が高いと言われている不織布マスクを日常的に使っている人は 

    多いと思いますがマスクネが気になるのであればTPOによって柔らかい素材の

    マスクと使い分けるようにしてみてください。


   マスクを外してからのニキビ予防ケア

    もうひとつの原因としてマスク着用部に汗や唾液が溜まって不衛生になってしまい

    ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖しやすい環境となってしまうといった点が

    挙げられます。通気性のいいマスクを使用していたとしても完全には防げません。

    帰宅してマスクを外してからしっかりとスキンケアをするようにしましょう。




大量のひどいニキビは一朝一夕ではできないもの。

日々のダメージが蓄積して肌が弱った結果ですからすぐに復活とはいかないでしょう。

しかし根気強くスキンケアをやり肌力を上げれば肌はしっかりと答えてくれます。


何事も継続が大切!!

なかなか結果が見えなくても最低3ヶ月は頑張ってみてください◎

















閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示