1日に必要な水分量



1日の水分の量が美肌を作る

 水は健康や美容に良いと言われていますよね。

 「1日にどれくらい飲むと健康に良い」

 「どんな種類の水が美容に良い」という情報があって身近に実践している人も

 居るのではないでしょうか。


 水分たっぷりの肌は確かに潤いがありもちもちとした健康的で美しい肌という

 イメージがありますよね。

 逆に水分が不足するとお肌の乾燥が気になり始めますよね。

 皮膚はカサカサして毛穴やほうれい線が目立ち老けた印象を与えます。


 それはなぜかと言えば、人間の身体は半分以上が水分で出来ているからです。

 成人は体重の約60%。乳児なら訳80%を水分が占めています。

  

 しかし人は加齢に伴い身体の水分保持力が低下していきます。

 高価な化粧品を使って外側から一生懸命に綺麗にしても内側からの水分補給までは

 出来ないのです。

 綺麗な身体やお肌を維持するためには毎日意識して水分を摂取することが大切です。



水分は健康で美しい肌に必要不可欠

 人の身体は毎日多くの水分を必要としています。

 身体中に酸素や栄養を運ぶ血液は赤血球の約60%、血小の約90%が水だと言います。

 また肌細胞は約60%が水分で出来ているので水分不足が乾燥肌を招く理由が分かります。

 

 また体内の水分が失われると生命の危機にも繋がります。

 ・水分の約2%失われると、のどの渇き

 ・水分の約5%失われると、頭痛、脱水症状、熱中症など

 ・水分の約10%失われると、痙攣、循環不全など

 ・水分の約20%失われると、死亡

 人が生きていくうえで水分の摂取は欠かすことのできないものです。


 しかし高齢になると体内の水分量は減少していきます。

 成人で約60%だったのが約50%になります。

 年齢を重ねていくごとにお肌の乾燥やシワ、シミなどが起こるのも納得できますね。



水分がお肌に与える作用

 ⑴血流が良くなりお肌へ酸素や栄養が届きやすくなる

  水分をたっぷり摂ると血液量が増加して血液中の水分濃度も高くなって

  さらさらとした血液になります。血流が良くなるので血液中の酸素や栄養素が

  お肌に届きやすくなり肌荒れを防ぐことができます

  水分不足になると血液中の水分濃度が低下してドロドロの血液になります。

  粘度を帯びた血液は流れが悪くお肌へ栄養や酸素が届きにくくなり

  その結果として肌荒れを起こす原因にもなるのです。


 ⑵リンパの流れが改善され体内の老廃物が排出される

  身体の老廃物を排出するリンパの流れが良くなり肌荒れを防ぎます。

  もしもリンパの流れを悪くなってしまうと老廃物が体内に溜まってしまい

  むくみの原因にもなるでしょう。


 ⑶健康的な肌細胞を維持できる

  お肌の細胞は常に新しい水分を入れ替えて健康的なお肌を維持しています

  人が日々、水分を摂取することでお肌の細胞は古い水と新しい水を

  交換していることになります。

  水分不足になると代謝が悪くなり、古い水のままで細胞も新しく生まれ変わらずに

  古くなっていくのです。いつも新しい水との入れ替えが出来ていれば

  お肌の細胞も常に若々しく健康的で居られます。


 ⑷肌荒れの原因、便秘を解消する

  お肌が荒れている人は日頃から便秘気味というケースが多いですね。

  便秘をしていると排出されるべき老廃物が身体の中に残ってしまいお肌に表れます。

  美肌を目指すなら便秘解消は必須です。水分を摂取することやミネラルの影響で

  便が軟らかくなり便秘は徐々に解消されます。



1日に必要な水分摂取量

 人は息をして生きているだけで、1日に0.9~1ℓ水水分を失うと言われています。

 その他、排出される便や尿を合わせて2.5ℓの水分量が排出していきます。

 とはいえ、その分だけを摂取すれば良いという訳ではありません。


◎1日に必要な水分摂取量はどのくらいなんでしょうか?

 人それぞれ体重・身長・年齢や運動量によって1日の水分量は変わってきます。

 食事にも水分が含まれているのでその際に摂れる水分を差し引くと

 飲料水から摂取する1日の水分量の目安は一般的に1.5~2ℓとされています。

 自分の体重を30で割ったリットル数が適量という説や、体重1kgあたり40㎖が

 適量という説もあります。

 いずれにしても1.5~2ℓの範囲内なので自分の食生活や運動量に合わせて

 適量を摂取しましょう。


水の種類

 水は水道水からミネラルウォーター、炭酸水などまであります。

 

⑴ミネラルウォーター

 原水となる地下水を殺菌処理して容器に詰めた水です。

 天然のミネラル成分が含まれていることが多くカルシウムやマグネシウムの

 含有量によって軟水・硬水に分類されます。

・軟水

 軟水は硬水よりもカルシウムやマグネシウムの含有量が少ないです。

 しかし体内に吸収されやすいのは軟水です。そのため水分補給に向いています。 

 また日本人が飲み慣れているのは軟水でまろやかな口当たりで子供でも飲みやすいです。

 そのまま飲料水として飲むのはもちろんですが料理やお茶などにも最適です。

・硬水

 硬水はマグネシウムが多く含まれておりミネラル補給には最適な飲料水です。

 マグネシウムは便秘解消にも期待出来るので肌荒れ防止や改善にも向いています。

 しかし硬水を飲み過ぎると下痢になることもあります。

 またミネラルが大量に含まれている分、身体への異変が起こることもあるため

 飲用の際は気をつけましょう。

 味は苦みやにおいがあるので子供の飲料、料理やお茶には不向きでしょう。


⑵炭酸水

 二酸化炭素などの炭酸ガスを含む水のことです。

 近年は砂糖など含まない炭酸水が健康や美容に良いと話題です。

 炭酸水の炭酸には血行促進の作用があり、そのため傷が治りやすくなる、細胞が

 活発になるなど肌効果が期待できます。

 またデトックス作用・代謝アップ・疲労回復などさまざまなメリットがあるのです。

 炭酸水をそのまま飲むのが苦手な人はレモンやライムなど柑橘系フルーツを

 絞って楽しむのがオススメです。

 柑橘系にはビタミンCが豊富に入っているので美しいお肌作りには最適なドリンクです!


⑶白湯(お湯)

 水道水を沸騰させたもの。

 水道水をやかんに入れて10~15分ほど沸騰させて作ります。水道水に含まれる塩素などの

 不純物を除去した、身体のバランスを整える最もおすすめの飲料水です。

 白湯には胃腸の調子の改善・血行が良くなる・老廃物の排がスムーズに行われるなど

 たくさんのメリットがあります。

 そのほかにも肝臓への負担を軽減したり、ホルモンの分泌をアップさせたり

 腎臓の機能を活発にさせる効果も期待できます。

 白湯はコスト面・安全面でも水分摂取には最適な飲み物です。



今まで何気なく飲んでいた水分ですが人間が生きていくうえで非常に重要だという事が

分かりました。

上手に摂取することでより健康的な身体はもちろん、美しいお肌を作ることも可能です。



また次回、おすすめの水分摂取方法やNGな摂取方法をご紹介します◎

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示